カードローンと個人情報

カードローンの申込みをする時には、必ず本人確認が行われます。当然自分の氏名生年月日住所などの個人情報も伝える必要があります。個人情報については、その取扱いについて法律で厳しく規制されています。金融会社はこれらの個人情報を勝手に流出させてはいけません。

 

しかし、カードローンの申込みをすると、他社での借入れ状況などの調査が入ります。個人情報である他社での借入れ状況を調べられるのは、信用情報機関から取引履歴の情報を閲覧しているためです。

 

 

信用情報機関とは

信用情報機関には、今までの割賦契約、クレジット契約、カードローン契約などの利用履歴が記録されています。もちろんこれらは個人情報ですが、カードローンや割賦契約を結ぶ時には、これらの情報を信用情報機関に情報提供する旨に対してサインしているはずです。

 

勝手に流出させられないので、信用情報機関に取引履歴が記録として残る点、これらの情報次第でカードローン契約などの審査に影響がある点に対しても説明がなされます。

 

日本には、JICC、CIC、全銀協の、3つの信用情報機関があります。金融会社はこれらの内1つ、または複数の信用情報機関に加盟しています。そして、加盟している信用情報機関に情報提供を行う代わりに、自店に申込みに顧客の信用情報を閲覧できます。

 

どのような情報が記録されているのか

3つの信用情報機関それぞれで記録されている内容は変わりますが、ほとんど違いはありません。

 

氏名、生年月日、住所、電話番号などの情報が記録されています。そして、その人の過去も含めた取引履歴と状況も記録されています。例えばいつのタイミングでいくら借入れをしたか、現在の残債はいくらなのか、返済の遅れがあるか、完済したのはいつか、こういった情報が履歴として残ります。

 

審査に影響を与える部分

カードローンの審査において、信用情報は重要視されます。過去に返済の遅れがあった場合、貸付けの審査に大きく影響を与えてしまいます。また、現在の借入れ状況も同様です。すでに複数社から借入れをしている状態であれば、審査もそれだけ慎重になります。

 

特に問題なのは、こちらで申告した内容と、信用情報機関に記録されている情報に、違いがあった時です。虚偽の申告をしていると判断されると、契約を断られてしまいます。申込み時には申告漏れが無いかには特に注意が必要です。

 

また、過去に返済遅れなどがあったとしても、一生履歴が残るわけではありません。例えばカードローンの申込み情報は半年間、返済遅れの情報は5年経てば消えます。

 

申し込みの情報が残る点は見逃せない部分で、何社も申し込みをすると審査に悪影響が出てきてしまいます。多重申し込みが審査落ちの原因となる場合も多いので、審査基準が特に厳しくなるおまとめローンの審査を受ける際などは、多重申し込みにならないように気をつけてください。

 

おまとめローンとまとめられる金額

いくつもの借入をしていると、返済に次ぐ返済で気が滅入ってしまいます。精神の安定のためにもおまとめローンは魅力的ですが、借入額が多いほどまとめられる金額に不安を覚えます。

 

借入金額が多くなるほど気になるのは、総量規制でしょう。年収によって借入できる金額が変動する法律ですが、実はおまとめローンは総量規制の対象外なのです。年収の3分の1を超えていてもまとめることができるので、この点で不安を覚えている方は安心して申し込みましょう。

 

また、おまとめローンでは、まとめる金額は想像以上に注目されません。おまとめローンにおいて注目されるのは借入している件数であり、件数が多いほど不利になるのです。もし査定に不安があるなら、金額を減らすよりも件数自体を減らすことに力を注ぎましょう。一つの返済に注力すれば、そこまで負担にはならないはずです。

 

最後に、おまとめローンは返済後もそのまま使えるキャッシング枠とは少し違います。返済するだけのサービスと言っても過言ではないので、また新しく借入しようと思うなら返済後も見据えて選びましょう。そのような利用者を狙って、極端に金利を下げて悪徳な事業を行う業者も存在するので、冷静におまとめローンを選ぶことが大切です。

 

おまとめローンで利用ができる安心の借り入れ先を知りたい方は、まずはオリックス銀行のカードローンから見ておくと良いです。限度額によって変わる金利で低負担のおまとめカードローンが使えるため、多くの借り入れを一本化して返済負担を軽くしたい場合に適します。

 

詳しくはオリックス銀行の人気カードローンで確認をし、無駄のない手続きを進めるようにしてください。